ぱんだ日記 今日のチャーハンは普通に作ろう

チャーハンは普通に作ろう。

 

 まず用意する物

            (2人分)

 豚肉      50g   (1cm角に切る)

 ピーマン     1個   (5mm角に切る)

 ニンジン    20g   (3mm角に切る)

 ご飯    おわん2杯分

      (網のボールで洗って水を切っておく)

 ニンニク    10g     (みじん切り)

 ショウガ    10g     (みじん切り)

 赤醤油     20mℓ

みりん     20mℓ

玉子       2個

サラダ油  大さじ1杯   (15mmℓ)

コンソメ  小さじ1杯

 

お好みで、紅ショウガもいいでしょう。

ご飯は、朝炊いたものを冷ましておく。

 

では始めに赤醤油・みりんで、ニンニク・ショウガを鍋で煮漬けます。

そこで豚肉を入れて、中火でかき混ぜながら煮込みます。

これは2分ぐらいでいいですから、火を止めてそのままにしておきます。

 

ここで玉子2個をおわんに入れてかき混ぜておきます。

また、大きめの下が円いフライパン(中華鍋)に油を入れて強火にします。

 

この時に、強火のままフライパンを左手で前後して

プラスチックのお玉を使いかき混ぜて一気に炒めます。

 

男の料理ですから、読むだけにしておいて下さいね?

だから、全てを身近において、直ぐ入れられる様にしておきます。

 

では、フライパンが熱せられたら、玉子・ピーマン・ニンジン

を入れ、フライパンを振ります。

 

そこで、直ぐにコンソメを入れます。

また、少しかき混ぜたらご飯を入れてかき混ぜ、

 

フライパンを振って、下の物を上にと頑張って混ぜます。

そこで最後に鍋で味付けした肉を入れて、かき混ぜます。

 

この時に玉子が散らばって、細かくなっていなかったら、

お玉の先で叩きながら、混ぜて行きます。

 

これで、出来上がりですが、新たなおわんに8文目ぐらいを

よそって、上から皿をかぶせて、サラを下にして上下に振る。

 

そこで、ゆっくりおわんだけを持ち上げます。

そして、好みで肉を煮たたれを掛けますけど、好みです。

 

この時、万物に命が宿る。

だから、美味しいチャーハンに成れと、呪文を唱える。

そして真心を込める事で、美味しくなるそうです。

 

何処かで聞きませんでしたか?

僕は、何を作る時でも祈ります。

 

そこで辛めの人にはキムチの素を入れたりしてかき混ぜたり、

コクを出したかったら、中国ダシの赤い缶のウエパーを入れたり、

 

人によっては薄味にしたり、好きな野菜を取り入れたり、

でも、決まってこの味という基本スタイルは守る事にしています。

 

では、簡単スープ

 

用意する物    (2人分)

シイタケ     20g  (小さい物は2枚で

2mmの薄切り)

もやし      20g  (僕は、根の茶色い部分は

はさみで切ります)

玉ねぎ      20g   (スライスに切る)

コンソメ   小さじ1杯      (粉末の物)

白醤油    大さじ2杯  (ヤマシンと書いてあった)

だし昆布   (5cm幅の物を5mmに2枚切る)

日本酒    大さじ2杯

 

では始めに鍋に昆布を入れ、日本酒を掛ける。

そして、中火で昆布に酒をしみ込ませる。

 

そこで、おわん2杯の水を入れて具を全て入れる。

ここで大事なのがこのまま1回沸騰させる。

 

そして火を止めて、コップ半分の水を入れて具材も入れます。

白醤油も入れると70度以下ぐらいに冷めると思います。

 

そこで、コンソメを入れてかき混ぜ、味を見てみます。

でもここで、薄味ならキムチの素・中華ダシの赤い缶のウエパー

好みで、ほんだしも入れて弱火で2分ぐらいで完成です。

 

この基本はいつも作っていますから、僕の味付けです。

けして、貶さないで下さいね。

 

僕が40年前に、20才の時にフライパンの中に砂を入れ

左手だけで裏を返す様にフライパンを振りました。

 

2時間程度で、コツを掴んだのですが、

新しいテフロンのフライパンで練習しないで下さいね?

以上ですけど、ごきげんよう!

ぱんだ日記 ミート

今日の昼はどうしようかなぁ~?

ミートピザでも作ろうか?

 

僕は、チーズ料理が好きです。

そこで、少し時間が掛かるが、ミートピザを作ろう。

 

何故かと言うと、夜はそのままミートスパゲティでも

いいかなと思います。

 

用意する物

(4人分 これはスパの場合)

食パン           5枚切りを適量

とろけける刻みチーズ    適量

ひき肉      200g (豚3と牛7の合びき)

玉ねぎ      200g (5mm角に切る)

サラダ油    大さじ2杯 (オリーブオイルでも良い)

野菜ジュース  300mℓ  (赤い物)

トマトのピューレ      (イタリア産の完熟トマトの缶詰1缶)

トマトケチャップ 50mℓ

ニンニク     30g  (せん切り)

ショウガ     30g  (せん切り)

コンソメ   大さじ1杯  (粉末の物、粉ではない)

赤ワイン    50mℓ

バジル       少々  (乾燥した瓶詰の物でもよい)

塩コショウ   小さじ半分

 

では、作って行きましょう。

 

まず、サラダ油をフライパンに入れ強火にします。

そこで、熱して来たらニンニク・ショウガを入れかき混ぜる。

 

次に玉ねぎを入れかき混ぜ、2分ぐらいしたらひき肉を入れる。

この時にプラスチックのお玉に変え、ひき肉をバラバラに混ぜる。

 

そこで、塩コショウを少々入れるが、

この時に好みで入れ過ぎないように。

 

また、コンソメも大さじ1杯を入れ炒めて行きます。

肉の色が全て変わるまで炒めて行きます。

 

出来たら、中火に変えてトマトジュースとピューレを入れ、

お玉でピューレを潰して行きます(水は一切入れません)

 

そこで赤ワインを入れて表面がプクプクとするぐらいで、

絶対に強く沸騰させないように、かき混ぜながら見ています。

 

そして、トマトケチャップを入れます。

少しトロミが付いて来たらバジルを入れます。

バジルの葉を用意した時は、みじん切りにして入れます。

 

これで完成ですが、実際は夕方まで放置しておきますから、

その時にトマトジュースを足さないといけないかも知れません。

 

ミートピザ

 

では、食パンに大さじのスプーンでミートを乗せて行き、

僕は好みでセロリの茎の部分を5cmに切り

 

それをタテにせん切りした物を乗せてから、

とろけるチーズを乗せてトースターで、適度に焼きます。

 

このトースターは、一度1分でも過熱しておいたら、

時間が分かりますが、いきなりだと2分では少ないかも知れません。

 

要するに、チーズが溶けて、パンの裏側が少し焦げるぐらいが

ベストですけど、これも好みです。

 

そこで、タバスコを思いっきり掛けて食べますけど、好みです、

 

ミートスパゲティ

 

これからスパゲティをと思う人は、漬ける容器を

100円均一ショップで買って来ようね。

 

スパゲティは1人分が80gぐらいです。

そこで、その器に入る半分以上の水を鍋に入れて

 

塩を入れて煮立てます。この時は沸騰しなくてもよい。

そこで、その容器の中に入れてスパゲティを1時間は漬けて置く。

 

そして、昼に残していたミートソースに火を点けて、

水分が足りなかったら野菜ジュースを入れる。

 

この時でも、グツグツと沸騰させないようにする。

少しプクプクするぐらいがいいでしょう。

 

では、2人分の160gのスパゲティを茹でて行きます。

そこで用意しておくものは、オリーブオイルを大さじ1杯。

 

大きな鍋に水を入れて、ここでも適量の塩を入れ、

これは最初から2人分を漬けておいたなら、

その冷めた水も入れましょう。

 

そして、湯だったらザルに残した面を入れグツグツと煮ます。

これは、1本を取り出し食べてみるのがいいでしょう。

 

個人差もありますが、中が煮えてないのはダメです。

煮えたら流しに網のボールを用意して流します。

 

でも、4人分を作る時には、またその湯を使うので、

面を取り出す木のフォークを使って取り出します。

 

この時に大きめなボールを用意して、その少し小さい

網のボールに入れて水で良く、麺を洗います。

 

ぬめりが取れるまで洗ったら、水を切っておきましょう。

そして、フライパンで麺の水分を飛ばすまで、かき混ぜて行きます。

 

水分が飛んだ後に、オリーブオイルを掛けてかき混ぜます。

この時に均等に麺にまぶさないと、

 

麺同士がくっついてしまいますから、

中火で程よくかき混ぜます。

 

これで、後はさらによそいミートソースかけて出来上がりです。

好みで、粉チーズやタバスコを掛けて食べます。

以上ですけど、ごきげんよう!

 ぱんだ日記 焼きそば

よし、今日の夜は焼きそばにしよう。

 

この焼きそばだけは、つい食べ過ぎてしまう。

やっぱり、ソースが決め手だと思う。

 

それと、何てったって、生卵も決め手かな?

もう1つ、青のりもいいよね。

 

用意する物

(2人分)

焼きそば麺    2つ   (むしてある物)

生卵       2つ

豚肉     150g   (バラ肉を2cm幅に切る)

ちくわ      2本   (5mmに斜め切り)

キャベツ   100g   (2cm×6cmに切る)

しいたけ     2枚   (5mmにタテ切り)

もやし     50g   (根をはさみで切り落とす)

塩コショウ    少々

コンソメ  小さじ1杯   (粉末で、粉では無い)

サラダ油  大さじ1杯

ソース     50g   (おたふくの焼きそばソース)

青のり      適量   (袋に入っていて、粉々の物)

 

では、作って行こう。

 

まず、麺を網のボールに入れ、水で洗いほぐして水を切っておく。

後は、全てを近くに置いておく。

 

フライパンにサラダ油を入れて熱していく。

そこで、豚肉を入れ炒める。

 

この時に、なるたけ固まらない様に広げる。

でも、焦がしたくないから、表面の色が変わったら諦めましょう。

 

そこで具は全て入れ、かき混ぜてから

小さじ半分の塩コショウを入れてかき混ぜます。

 

またすぐに焼きそば麺を入れ、ある程度かき混ぜたら

コンソメを全体に掛けて、かき混ぜて行きます。

 

そこで、良くかき混ざったら中火にして、

ソースを掛けて行き、かき混ぜる。

 

この時ですが、ソースが30gでもいいと言う人もいますから

好みで掛けて混ぜて行って下さい。そしたら出来上がりです。

 

大きな皿に盛って、真ん中にくぼみを付けて、

そこに生卵を割って落とします。

 

その後に、青のりを振りかけて出来上がりです。

これも好みですから、玉子焼きとか目玉焼きでもいいですよね。

 

まぁ、女性に勧める時には、手鏡とつまようじを忘れない様にね。

以上ですけど、ごきげんよう!

ぱんだ日記 スープすき焼きです。

よし、昼はスープすき焼きにしよう。

 

すき焼きは醤油辛いところにザラメを入れてこってりさせ

生卵を溶いて、それに付けて食べる。

 

うん、風流だね~、と思う。

まぁ、人それぞれの食べ方はあるものですが、

 

ある時に、26年前かな?

従業員が遊びに来ていて、酒のつまみにと鍋を作ったのですが、

 

豚肉と野菜で、食べながら飲んでいました。

そこにカミさんと娘が、すき焼きの材料を買って帰って来ました。

 

僕も酔っていたのですが、娘は僕に、

「お父さん、この鍋に入れようか?」

 

と言い、材料を僕の目の前に持って来るのです。

カミさんは、野菜類とかを台所に持って行って刻んできました。

 

それじゃあ、と思い、スープに水を足して味を付け、

野菜とこんにゃくを煮て行きます。

 

そして最後に牛肉を大きいまま、しゃぶしゃぶみたいに煮て、

それを皆は野菜も一緒に取り食べて行きました。

 

上の娘とカミさんは、玉子を溶いてテーブルに少し小さい鍋を

用意してよそって行き食べていたのですが、

 

そのスープが美味しいと言い、とんでもない量の物が無くなりました。

こうまでして、食べてもらえると嬉しいですよね。

 

そんな事から、たまに作るのですが。

 

用意する物

(4人分)

牛肉      500g    (1口台に切る)

糸こんにゃく    2袋  (水が入っていて500g

それを水で洗い15㎝に切る)

白ネギ       3本   (斜めで、幅1㎝に切る)

しいたけ    300g   (茎を切り落とし、

大きい物は×の字に切る)

白菜      500g   (葉の方から2cmに切る)

春菊      300g   (同じく3cmでブツ切り)

白醤油     100mℓ   (別に赤醤油でも良い)

コンソメ   大さじ2杯   (粉末で粉では無い)

ウエパー   大さじ2杯   (中華だしで赤い缶)

ほんだし   大さじ2杯

だし昆布  (6cm幅の物で、ハサミで1cmに4枚切る)

日本酒    大さじ2杯

 

では、作って行こう。

 

まずは小さな鍋に昆布と日本酒を入れ、中火で煮ます。

これは、昆布全体に酒が滲み込んだらOKです。

 

そしたら大きな鍋に2ℓの水を入れる時に昆布の鍋に入っている

酒も洗い移す様に入れ強火にして糸こんにゃくとしいたけ、

 

それと、白菜の白く硬いところだけを入れて沸騰させます。

そこで火を止め、新たな水を200ccぐらい入れ、

 

少し冷まします。70度ぐらいまで冷ましたら、

白醤油とコンソメにウエパーとほんだしを入れかき混ぜる。

 

そこで、火を点けて中火にするが、決して沸騰させない。

この時に牛肉以外を全て入れるが、入らない場合には

 

平均に取っておく。

また、ここでスープの味を確かめる。

 

仮に辛かったら、みりんか中のザラメとかも入れます。

甘かったら、キムチの素かコンソメを足す。

 

どうしても丁度良く、キムチの素を入れたかったら、

みりんを適量入れる。

 

この様にして、野菜が煮えたら牛肉を1枚ずつ

重ならない様に入れて行きますが、

 

しゃぶしゃぶで食べてもいいですよね。

この時は、ポン酢とかでもいいのですが、

 

僕は、玉子を溶いて一味を掛けそれに入れ食べて行きます。

ですから、玉子が1人1個ぐらい要りますね。

 

贅沢だと思いますが、これが完璧に出来たら、

お店に行くと、1万円はくだらないと思う。4人ですからね。

でも、安いと思いますよ。

 

また、そのスープを使った雑炊もいいですね。

エビや貝類を入れ、エノキやマイタケとかも入れ、

 

ご飯は、1度、網のボールに入れ洗ってから鍋に入れる。

この時には土鍋に入れて沸騰させても、いいじゃないかな?

 

そこでスープを多めにして、火を止めてから生卵を溶いて入れて

薬味を乗せて食べる。

 

まぁ、スープが残っていたらですけどね?

以上ですけど、ごきげんよう!

ぱんだの日記 ブログ

今日は、はじめての日記です。

玉子について、

 

毎日の朝食に玉子焼きを作る。

 

まずはダシを作って、それを冷まして?

何て面倒くさいと思いました。

 

そこで、スーパーで買って来たダシ入り醤油とか?

ダシ入りつゆの味を見て、

 

甘くても辛くても、コンソメの粉末を入れる。

(これは、コップ半分の量の水に小さじ半分)

 

それを小さなペットボトルに入れ、

思いっきり振って、味を見てみました。

 

少し辛いぐらいはOKだと思う。

でもあまり辛い時は、みりんを入れる。

 

この時に、あまり入れすぎると焦げてしまう。

そこで水を加えるのもいいが、日持ちはしないだろう。

 

そこで玉子2個分に、小さじ2杯を入れかき混ぜて、

フライパンにサラダ油を入れ焼いて行くのだが、中火でね。

 

この時に焼けていなくても、箸で中央に寄せて行く。

そして中央に全てが集まったら、多少半熟でも僕はOKです。

 

女性に勧める時は

 

ベーコンとピーマンを1cm角に切っておく。

1合のコップの3分の1に牛乳を入れて、

 

コンソメ(粉末)を小さじ半分入れてかき混ぜる。

ボールに玉子2個を入れ、牛乳も入れてかき混ぜる。

 

この時に白身を切るようにかき混ぜておく。

そこでフライパンにバターの20gを入れ中火にする。

 

そして箸で回りにバターを回して、ベーコンとピーマンを入れて、

そこに1摘みの塩コショウを入れてかき混ぜる。

 

これは、あまり炒めなくてもいいのだが好みですよね。

そこでボールの玉子の中に入れてかき混ぜる。

 

また、フライパンにバターの10gを入れて溶かします。

これは中火のままですが、火を切った場合は点けます。

 

そこで、バターが溶けたら卵を焼いて行きます。

この時に、入れた時から少し火を弱めます。

 

これも先ほどと同じで、焼けてなくても中央に寄せて行きます。

スクランブルにしないように、全てが中央に寄ったら皿に盛り、

 

クレソンとかを千切って飾ってOKです。

 

ゆで卵は

 

男料理ですから、すみませんね!

僕は20年も前からこのように作っています。

 

まず、鉄のボールで氷を200cc凍らせておき、

それを割っておきます。4等分以上ぐらいかな?

 

次に、1ℓの水を鍋に入れて、沸騰させます。

 

玉子の5つに、円い方に画びょうで穴をあけます。

穴をあけてないと、割れてしまいますから絶対です。

 

沸騰した鍋の中にお玉を使って入れて行きます。

そして、入れた後にあまり沸騰しないように見守ります。

 

そこで始めが肝心で、玉子を回転させるようにかき混ぜる。

これは、黄身が真ん中に行く様にします。

 

この時でも、少しは沸騰していないと時間の差があります。

そして、入れてからの8分ですが、夏は7分ぐらいです。

 

そこで、氷の入っている鉄のボールに水を入れます。

これは、火を止めた直後に湯を捨てて、直ぐにお玉を使い

 

氷水の中に玉子だけを入れます。

なぜ、この様にするのかは、皮をむきやすくする為です。

 

そして、味付け方法

 

ニンニクをスライスして、せん切りにする。

同じ大きさで同じ量のショウガも切っておく。

 

むいた玉子を鍋に入れる。少し余裕のある大きさで。

また、コップ1杯のダシ醤油と、同じだけのみりんを入れます。

 

そして、鍋に全てを入れ沸騰しないように、色を付けて行きます。

この時に玉子が半分ぐらい浸かっていればいいかな?

 

そして、色が付いたらOKです。

また、このタレは取って置き、水を好みの量を加えて、

 

豚肉・シイタケ・もやしにこの皆野菜を入れて、煮付けます。

その時に、これも好みで、コンソメ・キムチの素

 

中華だしの、赤い缶のウエパーなどは、僕の定番です。

 

お昼は、何にしようかな?

以上ですけど、ごきげんよう!